光福寺について

開山は不詳ですが、遅くも江戸時代前期には存在していました。

寛永7年(1630年)源祐上人を中興とします。

江戸時代、房総の人々が江戸に向かう折、光福寺のある桜

に宿泊し、翌日早朝、舟で江戸に向かったと伝わります。

ある江戸の商人が光福寺の本尊さまを信仰し、参道入口の石塔を

寄進し、今でのその名を見ることができます。

江戸との交流が盛んで、本尊、不動明王はその当時から、ひろく

信仰を集めたとわかります。

木更津といえば、”やっさいもっさい”です。

このフレーズは、元々江戸時代の噺家、木更津亭柳勢さんが作った、

木更津甚句の中にあります。

    ♪ハァー 木更津照るとも 

     東京は曇れ* かわい男が

     ヤッサイモッサイ

     ヤレコリャドッコッコイ  

     コリャコーリャ 

     日に焼ける   

         *江戸時代は「お江戸は曇る」

光福寺の過去帳を見ると、この木更津亭柳勢さんは、境内の墓地に眠ることが分かります。

昔から今へと連綿と、この地域のみならず広い地域の方に、お参りをいただいている伝統的なお寺です。